生前贈与における不動産名義変更

生前贈与は合意のみで成立し、名義変更の義務はありません。しかし、名義変更をしておけば、受贈者による売却や担保設定も可能になります。また、遺産相続を確定する側面もあります。

それぞれの不動産名義変更

生前贈与における不動産名義変更

生きているうちに妻や子などの相続人に資産を相続させるものを生前贈与といいます。

これに不動産が含まれると、その名義変更が必要となる場合があります。

そもそも生前贈与の場合、当事者間合意のみで権利の移転は成立しますので、必ずしも名義変更が必要という訳ではありません。

しかし、その場合は、その所有を第三者に提示できないことから、その不動産の売買や担保設定ができません。

こういった場合は、名義変更が必要となるでしょう。

また、確実な相続の実現の為に、生前贈与を選択する場合もあります。

法律に沿った相続分割とは異なる相続を考えた時に起こりえる、相続者同士の軋轢を防ぐために、名義変更という場合もあります。

何かとメリットも多い生前贈与ですが、忘れてはいけないのが税金です。

まず登録免許税は2%で、相続の場合より税率が上がります。

また、不動産取得税(都道府県税)と贈与税(国税)の申請も必要となりますので、各機関のHPなどで納税額を確認しておきましょう。

必要な書類としては、贈与者の登記識別情報通知、印鑑証明書、受贈者の住民票、その他固定資産評価証明書や贈与証書(贈与における契約書)です。

納税額の試算と必要書類の取得及び作成には、情報と労力が必要になります。

不安な場合は専門機関への代行を依頼するといいでしょう。

■ 関連リンク ■
在ブルネイ日本国大使館

Copyright (C) www.r-l-m.com. All Rights Reserved.

それぞれの不動産名義変更